4.26.2015(Sun) 10:30AM-2:00PM  “Hawaiian Feather Art and Healing”

2015.4.13 1PM-3PM  in SF 日本町放談会  「自己と向き合うアートセラピー・カウンセリング現場より心身の健康を考える」

3/29/2015

画像

日米ケアメンバーの山本真奈美さんが4月13日サンフランシスコジャパンタウンにて, アートセラピーとカウンセリングについてお話されます。詳細は下記よりごご覧ください。

日米ケアメンバーの山本真奈美さんが4月13日サンフランシスコジャパンタウンにて, アートセラピーとカウンセリングについてお話されます。詳細は下記よりごご覧ください。

Our NichiBei Care member, Manami Yamamoto, will give a talk on “Art Therapy and Counseling” in SF Japan Town. Presentation and art therapy experiential will be held in Japanese.

第182回 日本町放談会

男女問わず中高年のための日本語座談会
日本語で気楽におしゃべりを楽しみましょう!

会場     日本町テラス社交室 ( 通称 日の出タワー )
住所  1615  Sutter St.  ( at Octavia St )  San Francisco
日時  2015年   4月13日(月  曜日)午後1時~3時
寄付  2ドル ( 茶菓子・印刷・メール代など)

話題 『自己と向き合うアートセラピー・カウンセリング現場より心身の健康を考える』

ゲストスピーカー 山本 真奈美(やまもとまなみ)
表現アートセラピスト・臨床心理カウンセラー

お問い合わせ :
青木 聡(Mutual of Omaha社)925-818-2654

4.11 International Symposium: From Hiroshima and Bikini to Fukushima and the World – Exchanging the voices and actions of the citizens

Hosting Organizations:
The Japanese Scientists’ Association Fukushima Branch
 (Phone & Fax: 024-548-8390)
Toyota Foundation Grant Project: From Fukushima to the world: Building network and archiving stories of radiation exposures for future generations

Organized in cooperation with:
Queen’s University, Canada
Media History Research Center, Concordia University, Canada
NichiBei Care & NichiBei Care CIIS

When: 4.11.2015 (Sat)
Venue: CORASSE FUKUSHIMA, 6th Floor, Multi – Purpose Room 
(JR Fukushima West Exit, 3 min walk) http://www.corasse.com
Language: Japanese & English (Interpreter: KASAI Aya)

This is a free event open to the public.

Program

Moderator: GOTO Yasuo (Fukushima University)

10:00 – 10:15 Opening and welcome
SAITO Yoshiharu (Fukushima Center for Collaborative Regeneration) 

10:15 – 11:15 Key Note: NEMOTO Takashi 
(President of Fukushima Family Farmers Movement, Member of the Japanese Scientists’ Association) 
Living in radiation affected Fukushima, Living as farmers

11:15 – 12:45 
 Julie Salverson (Queen’s University, Canada)
Peter C.van Wyck (Concordia University, Canada)
From Canada’s Great Bear Lake to Fukushima: Journeys along the atomic highway – History, politics, performance and memoir

12:45 – 14:00 Lunch Hour

14:00 – 15:00 Robert Jacobs  (Hiroshima City University Peace Institute)
Pretending Fukushima is new: How studying sites of radiological contamination around the world can help us to understand the present and future in Fukushima      

15:00 – 16:00 AIHARA Hiroko (Journalist, Fukushima Resident)
From radiation affected Martial Islands Bikini nuclear testing in 1954 to 3.11 Fukushima

16:00 – 18:00 Social gathering with food and drinks (1000yen)

For more information please contact: Fukushima University GOTO Yasuo’s office
Phone and fax: 024-548-8390

国際シンポジウム ヒロシマ・ビキニからフクシマへ、そしてフクシマから世界へ  -住民の声と行動のグローバルな交流-  2015年4月11日

3/9/2015

主催:日本科学者会議福島支部

トヨタ財団助成プロジェクト 「福島発 世界へ―世代を超え未来につなぐ被ばく体験のアーカイブ化とネットワーク構築」

 協賛:クイーンズ大学、カナダメディアヒストリー研究所、コンコーディア大学、カナダ、日米ケア、日米ケアCIIS

日時:2015年4月11日(土)
会場:福島市 公共施設「コラッセふくしま」6階マルチ・パーパス・ルーム(JR福島駅 西口 徒歩3分)
使用言語:日本語/英語(通訳:笠井綾)    
参加費:無料(申し込み不要、どなたでも参加できます)

プログラム

司会:後藤康夫(福島大学)

10:00-10:15 歓迎挨拶 斉藤富春(ふくしま復興共同センター代表)

10:15-11:15 基調講演  根本敬(福島県農民連会長、日本科学者会議会員)「核被害地フクシマで生きる、農民として生きる」

11:15-12:45

ジュリー・サルバーソン (クイーンズ大学、オンタリオ、カナダ)
ピーター・C・ヴァンワイク(コンコーディア大学、ケベック、カナダ)
「カナダ・グレートベア湖から福島へ:核の道を旅する ― 歴史、政治、パフォーマンス、回想― 」

12:45-14:00  昼食・休憩

14:00-15:00 ロバート・ジェイコブズ  (広島市立大学平和研究所)「フクシマは新しくない:世界の放射能汚染地域の研究からわかるフクシマの現在と未来」

15:00-16:00 藍原 寛子 (フリーランス・ジャーナリスト、福島市在住)「核被害のマーシャル諸島・ビキニから3・11フクシマへ」

16:00-18:00 交流会(同会場  会費 1000円程度)

問い合わせ先:福島大学 後藤康夫研究室 電話・ファックス 024-548-8390